ペニス増大とシトルリン

ペニス増大に関心がある男性であれば、一度はシトルリンの名前を耳にしたことがあるでしょう。

 

なぜ、ペニス増大サプリの中に、シトルリンが含まれているケースが多いのでしょうか。

 

 

■シトルリンの特徴

 

シトルリンは、日本で発見された成分です。
ウリ科のスイカ、キュウリ、ゴーヤなどに多く含まれているアミノ酸なのですが、水分が多い植物に含まれていることもあって、サプリメントで摂取することがベストだといわれています。

 

なぜなら、シトルリンが植物の水分に溶け込んでしまって、十分な量を摂取することができないからです。

 

また、植物から大量に摂取したとしても、汗や尿と一緒に排泄されてしまうのがオチだといえます。

 

元々人間の体の中にシトルリンは存在しており、主に細胞、血液、尿などの中に含まれているのですが、ペニス増大につながるほど多く含まれてはいません。

 

そのため、シトルリンをわざわざ摂取する必要はないと言われることがありますが、ペニス増大に限っては外部から摂取した方が良いのです。

 

 

■シトルリンと血流促進

 

シトルリンの最大の効果は、血行を促進してくれることです。
血管の中で一酸化窒素を生成してくれるため、血管を拡張させて血液が流れ込む量を増やしてくれます。

 

たくさんの血液が海綿体に流れ込み、ペニスが勃起するわけですから、血液の量が増えるということは、それだけ勃起しやすくなるのです。

 

また、ペニスには無数の毛細血管が張り巡らされており、シトルリンによって血液の流れが改善されていくと、EDの症状も緩和されていくといわれています。

 

それだけではありません。
血液の流れがスムーズになると、それだけ血液がペニスに留まる時間が長くなるため、持久力が高まりますし、射精後から勃起するまでに掛る時間も短くなっていきます。

 

尚、シトルリンには肝臓や腎臓の機能性を高める働きがあるため、体内に溜まっている毒素や老廃物を排出しやすくする効果も期待できるでしょう。

 

 

■ペニス増大にシトルリンは必須

 

このように、シトルリンはペニス増大に欠かすことのできない存在です。

 

以前は、医療現場でしか使用を認められていませんでしたが、現在ではサプリメントなどの食品に使用することが認可されました。

 

血管や心臓、血圧などに関わる治療薬を使用している場合は、シトルリンの使用を避けた方が良いですが、健康な男性であれば是非取り入れたい成分だといえるでしょう。

 

副作用が起こることもありませんし、体にとって欠かすことのできない栄養素だといえます。

 

シトルリンそのものが、ペニスのサイズアップに役立つわけではありませんが、男性ホルモンや成長ホルモンを促す成分と併せて使用することで、よりペニス増大を図ることができるでしょう。