ペニス増大サプリと増大手術の特徴

ペニスを大きくする方法は、大きく分けると4つあります。
ペニス増大サプリ、マッサージやエクササイズ。
それから、ペニス増大器具、陰茎・亀頭増大手術の4つです。

 

いずれの方法も、メリットとデメリットが存在しますが、特に人気があるのはペニス増大サプリを使用する方法と、ペニス増大手術だといえるでしょう。

 

この2つの方法は、すでに実績があるだけではなく、実際に体験した男性が多いことから、信憑性の高いペニス増大方法でもあります。
そのため、これからペニスを大きくしたいのであれば、サプリか手術のどちらかを選択すれば良いということになるでしょう。

 

 

■サプリと手術どっちがいいの?

 

ペニス増大サプリと手術とでは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
いくつかの特徴をピックアップしながら、違いについて詳しく解説していくことにしましょう。

 

・価格帯
ペニス増大サプリの平均価格は、5,000円前後から2万円前後となっています。
一方手術ですと、最低でも5万円台からとなっており、最大で20円万程かかります。

 

・特徴
ペニス増大サプリは、安全性が高く費用も比較的安く済みます。
手術の場合は即効性が期待できますが、執刀する医師の技術力によって効果に違いがあるでしょう。
当然、失敗するリスクや、傷跡が残るリスクもあります。

 

 

・気をつけたいところ
ペニス増大サプリには、重篤な副作用はありません。
しかし、成分に対してアレルギー反応が起こる心配はあるでしょう。

 

手術の場合ですと、一意的に日常生活に支障をきたすことがあったり、傷跡が残ってしまうことがあります。

 

・成功率
成功率に関しては、サプリと手術共に非常に高いといえます。
ただし、サプリに関しては、増大成分がしっかりと含まれていることが前提となるでしょう。

 

・必要となる日数
サプリの場合、最低でも1週間前後から半年程度の時間が必要となります。
手術の場合は、直後から効果を実感できるといえるでしょう。
入院や通信する必要はほぼありません。

 

 

■デメリットやリスクを知ることが大事

 

つまるところ、サプリを使用するのか、それとも手術を受けるのかについては、それぞれのデメリットやリスクを理解した上で選択することになります。

 

費用的な問題はもちろんのこと、自らのペニスの状態や生活のリズムなども考慮しなければなりません。

 

とはいえ、安全性の面でいうと、やはりサプリの方に軍配が上がりますので、少々時間が掛っても良いのであれば、サプリの使用をお勧めします。

 

また、サプリによって、一度大きくなったペニスは、そう簡単に元のサイズへは戻らないものです。
一方、手術の場合は、海綿体そのものを増殖したり成長させる効果はありませんので、いずれは再手術を受けることになります。

 

そうなると、更に高額な費用がかかることになるため、トータル的なコストを考えるのであれば、サプリを使用した方が余計な出費を防ぐことができるでしょう。

 

ついつい、メリットばかりに目がいってしまい、デメリットやリスクに関しては軽視しがちとなりますが、後から後悔をしても取り返しがつきません。

 

実際にペニス増大を図りたいのであれば、どのような点を優先するのか考えるようにしましょう。